免許を短期間で取るための最適な方法は?

免許を短期間で取るための最適な方法は?

短期で免許を取得する方法は、通学の短期コースと合宿免許があります。

まず地元の慣れた環境で教習を受けるのか、地元を離れて教習を受けるのか、2つの方法から選ぶ必要があります。それぞれメリット・デメリットがありますので、早めに情報収集を行い、自分のスケジュールや予算に合った方を選ばなくてはいけません。

また選ぶ際のポイントは①費用②期間③道路事情④自由度の4つが挙げられます。短期で免許を取りたいと考えるタイミングは、夏休みや春休みの長期休暇など、周囲と重なるもの。希望するスケジュールや予算で、申込むことができなかったということにならないよう、注意が必要です。

通いの短期コースと合宿免許の違い

免許取得は、春休みや夏休みの長期休暇中に計画する人がほとんどですよね。地域によっては移動に車が不可欠ということもあるので、決められた期間に運転免許を取得したいと考える人は少なくありません。通学の短期コースと合宿免許は、短期間で免許を取得できる方法ですが、大きな違いは自宅から通うのかどうかということです。

免許の費用をアルバイトで賄いながら、というケースなどもあります。アルバイトとの両立ができるかどうか、一定の期間スケジュールを空けることが可能かどうかという点がポイントになります。

通学短期コースのメリット・デメリット

自宅から通える通学短期コースですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

【メリット】

①自宅から通うため、空いた時間にアルバイトをするなど、時間の有効活用ができる。

②予めスケジュールを教習所で組んでくれるため、自分で調整する必要がない。

③地元の道を走るので、道路事情に慣れることができる。

やはり、自宅から通えるということが最大のメリットです。普段通りの生活をしながら慣れた環境で免許取得ができる、という安心感を求める人にはおすすめです。

【デメリット】

①合宿免許や通常の通学コースより費用が割高になる。

②定員が決まっているため、希望の入学日からスタートできない可能性がある。

③予約開始が早めに行われる。

費用面では、合宿免許や通常の通学コースよりも割高になるのが大きなデメリットと言えます。また、予約は入学日の2か月前くらいから行われますが、すぐに定員に達してしまい、入学ができないというリスクも考えられます。

合宿免許のメリット・デメリット

地元を離れ、全く違った環境で免許取得ができる合宿免許。実際のメリット・デメリットについてご紹介します。

【メリット】

①予めスケジュールを教習所で組んでくれるため、教習所が混み合う時期でも短期間(AT車最短13日間~)で免許取得ができる。

②格安の費用で免許取得ができる。

③旅行気分を味わえ、他の特典付加も多い。

何といっても合宿免許最大のメリットは、短期間(AT車最短13日間~)で免許の取得ができることです。また費用面でも、通学短期コースに比べるとかなり格安。合宿地までの往復交通費を支給してくれるケースもあります。教習所の場所によっては、旅行気分を味わえるといった付加価値もあるのは嬉しいですね。

【デメリット】

①基本的に教習期間中は、自宅に帰れない。

②教習の空き時間が、うまく使えない。

③洗濯や部屋の掃除など身の回りのことは、自分でしなくてはいけない。

慣れない環境に身を置くことが不安な人には、合宿免許は不向きと言えます。また基本的に一時帰宅はできないことになっているので、合宿免許に参加するには、長期の休みが必要になります。

合宿免許のデメリットはこれで克服! 短期間で免許が取れる?

さて、合宿免許のデメリットは、一定期間拘束されてしまうことです。

アルバイトや旅行、ゼミやクラブ・サークルなどの予定が多い人にとっては大きなネックでしょう。

しかし、教習が終わったあとなど、自分の時間は結構あるものです。

現在の合宿免許のトレンドは、合宿に参加しても、自由に時間を楽しめる環境が整えられたタイプのもの。

夏休みや冬休みなど、まとまった休みが取れる学生の特権を生かし、免許は楽しみながら、短期間に取得しましょう!

関連記事はこちら

教習所一覧

季節のお得情報

  • 年末年始の一時帰宅プラン
  • 1月の合宿免許特集
  • 2月の合宿免許特集
  • 3月の合宿免許特集

こだわりプラン

セール情報

  • セール情報

合宿免許おすすめランキング

  • おすすめランキング